2010年09月20日

芥川龍之介/芋粥

本を読んだら書くブログ2010年2冊目は芥川龍之介の芋粥です。ご存知の方はわかると思うんですが、これで一冊というにはあまりにも、の短編です。でも申し訳ないんですが、しばらくは短編で刷数稼ぎをさせてくださいな。これもi文庫(青空文庫が読めるiPhoneのアプリ)で読んでいます。

1. この本を手にとった理由

芋粥そのものは高校生の時に教科書的に読んだ記憶があるんですが、今再び読むとどんな気分なんだろう?という少し温故知新的な気分からです。再び新しい発見はあるのでしょうか?

2. 実際の本のアバウトな内容

主人公は下級役人(五位)で芋粥を食べることだけが楽しみだったんですが、一度この芋粥を飽きるまで食べたいと漏らしたところ豪族の藤原利仁にその話を聞かれ、敦賀の舘へ連れられ、この館で芋粥を振舞われるものの…。

3. 読んだ感想、どのように感じたか。

実は昔読んだ内容と異なっていました。記憶違いなのか、なんなのか理由はよくわかりません。昔の記憶では、主人公の五位はたくさんの芋粥を見るとそれだけでお腹がいっぱいになってしまいました的な解釈だったんですが、実際に読んでみると、五位はそうとうにつまらない男として描かれ、芋粥を食うことだけが楽しみとして書かれているんですね。で、その芋粥をここで飽きるまで食べてしまうと残りの人生に何の楽しみを見つけたらよいのかわからない、という風に悩むんです。で、芋粥を飽きるまで食べずにすむという段取りになって安堵するといった内容です。え、全然違うじゃないですか。

4. まとめ。

かつて高校生の頃に読んだ内容と話が異なっていたので少し驚きでした。高校生の記憶ってなんだったんでしょうね。

【関連する記事】
posted by 代打 at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰治/津軽

本を読んだら書くブログ2010年1冊目は太宰治の津軽です。この作品はi文庫(iPhone)のアプリで読みました。電子書籍ってどんな感じ?ということも含めての感想です。

1. この本を手にとった理由

「さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行かう。絶望するな。では、失敬。」という、なんだか久米田康治のさよなら絶望先生を思わせる終わり方が印象的な太宰治のこの作品を一度読んでみたいと思ったからです。内容については実際に手にとって読むまでは想像もつきませんでした。

2. 実際の本のアバウトな内容

津軽生まれで、すでに作家として有名になり東京で暮らす太宰治が、自分の生まれ育った津軽をもう一度見ておきたいと思い、津軽を2-3週間かけて旅行する紀行文的なものです。

3. 読んだ感想、どのように感じたか。

一般に思われている太宰治のイメージとは違い、もしくは太宰治のイメージ通りでもあるんですが、明るいんです。自分よりも他の作家をほめられ、嫉妬に炎を燃やしたり、常に食べ物と酒にこだわり、鯛の焼き方にこだわり、知り合いの家の前をいったりきたりする様や、とにかく些細なことで気持ちが変化し、ふてくされ、そして太宰治の正直な気持ちがそのまま書かれていて愉快な内容となっています。

4. まとめ。

最後の部分に、自分の幼少期に面倒を見てくれた「育ての親」という人を訪ねて行くくだりがあるんですが、ここの終わらせ方が代打は好きです。ひっぱっておいて、エェっここで終わり?というアッサリした終わらせ方に代打は感じました。そして、そのまま例の「さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行かう。絶望するな。では、失敬。」という文章につながるんですね。
posted by 代打 at 13:17| Comment(13) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書メモの定型文を作り直しました(その2)

みなさん、こんにちは代打です。

読書メモの定形を作りました!と勢いよく言ってみたものの、
あんまり勢いよくスタートしていないこのブログなので、
再度読書メモの定形を作り直しました。

今年も残り僅かですが、ぜひ年内に100冊読みたいものですね。

それでは読書メモの定形↓

1. この本を手にとった理由
(読む前にこの本をなぜ読みたいと思ったか、何が書かれいると想像したのか、など。)
2. 実際の本のアバウトな内容
3. 読んだ感想、どのように感じたか。
4. まとめ。

ずいぶん、ざっくりしていますが、これで行きたいと思っています。

それでは、よろしくお願いします。
posted by 代打 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

読書メモの定型文を作りました。

みなさま、こんにちは。

コムショップの代打です。
今年の目標は本を100冊読む!といったものですが
現在のところただの一冊も読めていないという具合です。

でもとりあえず読書メモを作成しました。
これで、もうOKです。
じゃんじゃん本が読めます。

本を読む度に読書メモをつけていきますので
よろしくお願いいたします。

読書メモ↓

1. 本のタイトル/著者
2. どんなジャンル?どんな本?
3. 読む前の気持ちは?この本に期待することは何?
4. 実際に読んでみて、気になったフレーズとかあった?
5. どんな内容だった?何を学んだ?
6. どんな人におすすめしたい?
7. この著者の本をさらに読みたい?
8. この本に感謝の言葉を。

以上8点を本を読むたびに残していきたいと思っております。

それでは。
posted by 代打 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2009年に読めなかった本

代打です。お久しぶりです。あっという間に年が明けて2010年となってしまいました。この「本を読んだら書くブログ」2009年中の更新は惨憺たるものでした。2010年は個人的には100冊の本を読むを目標に頑張っていくつもりです。

そんなわけで2009年中に読みかけて、そのままになってしまった、2009年に読めなかった本たちのご紹介です。どの本も途中までは読んでいて、少しは興味深いと思った本ばかりです。2010年中には最後まで読みたいと思っております。

zagu.jpg
ザグを探せ/マーティ・ニューマイヤー この本はマーケティングがらみの本なんですが、「みんながジグならあなたはザグ」という印象的なフレーズの本です。代打の好きなセス・ゴーディンも推薦のコメントを寄せています。

net_bi.jpg
ネットビジネスの終わり/山本一郎 ご存知、切込隊長の著書です。刺激的なタイトルとネット産業やアニメ産業などの構造に鋭く言及しています。

access.jpg
アクセスログ解析の教科書 いわゆる読むタイプの本とは違いますが個人的にはかなり参考になりそうな本です。

cookpad.jpg
600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス/上阪徹 クックパッドというサイトさんは物凄く意識的なサイトさんだと思います。そのことが強く書かれた一冊だと思います。

char.jpg
評伝シャア・アズナブル/皆川ゆか この本はシャア・アズナブルについて書かれた本です。皆様にもオススメですよ。

tukkomi.jpg
つっこみ力/パオロ・マッツァリーノ 正しいだけじゃダメなんだ、そのためには適正な突っ込みを、と言うのが本書の目的です。もっと突っ込みを。

minnna.jpg
みんな力/新井範子 うちの会社はトップページに「『もったいない』をインターネットという『みんなの力』で減らしたい」とでっかく書いてあるのでこれの参考になるのではないかと思い、選びました。

7冊を選びましたが残り93冊2010年内に読破していきたいとおもいますので、その報告はこちらでやっていきたいと思っております。

それでは、2010年もよろしくお願いいたします。
posted by 代打 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

字をきれいに書く方法

字をきれいに書く方法!

もし字がきれいにかけるのであれば
PCなんて使うのはずっとずっと遅れていたと思う。

それくらいに字がきれいになりたいと思っていた。
わりと誰もが思うことではないかと思う。

j1.jpg

そんなわけで「いつのまにか字が上手くなる本」を買ってまいりました。

内容をめくると…。

j2.jpg

当たり前ですが特に裏技もなく、きれいな字の書き方が延々と書かれています。修行せい、ということでしょうね。

そういえば2008年のニンテンドーDSのソフトで比較的売れたものの中にDS美文字トレーニングというものがあってこれがニンテンドーDSのソフトの中ではだいたい12-3位くらいの売り上げを記録しているらしく、やっぱり代打と同じ悩みを持っている人はたくさんいるんだなあと思いました。

DSでできる美文字に興味がある方はこちら↓

DS美文字トレーニング
posted by 代打 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

オトナファミNo.15

インドア系総合雑誌ことオトナファミの最新号を買いました。
大人なのにインドア!!という人たち向けの雑誌です。
素晴らしい。

20081031204647.jpg

表紙は綾瀬はるかさんです。女優さんですがコムショップ通販でも水着のDVDを売ってます。

そんなことはさておき、オトナファミの内容についてです。一応、本を読んだら書くブログなので内容に言及しなければ!


mos.jpg

やっぱりこの味!モスバーガーコンプリートとか

neko.jpg

忘れられないエンタ80匹とか

ds.jpg

ニンテンドーDSiってどう?とか

面白い企画をたくさんやっているんですがやっぱり第注目は巻頭特集の「発表!ヒットチャートじゃわからない 掘り出しエンタ ランキング 2008」です。映画、邦画、ドラマ、バラエティ、ホビー、デジモノも特集しているんですが、おもしろゲーム屋コムショップ通販といたしましては、もちろん注目はゲームしかも、据え置きもお良いですが、今一番勢いのある携帯ゲーム機の掘り出し物ランキングベスト10に注目です。

ちょっと興味深いランキングだったので引用させていただきます。本当に面白い特集ばかりなので、是非皆様もオトナファミをご覧いただければと思っております。

携帯ゲーム機用ソフト掘り出し物ランキング2008です。

10位からどうぞ。

10位
 
バンガイオー魂 BANGAI-O SPIRITS


9位
 
放課後少年


8位
 
インフィニットループ〜古城が見せた夢〜


7位
 
ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし


6位
 
KORG DS-10


5位
 
ニッポンのあそこで


4位
 
ぼくらはカセキホリダー


3位
 
世界はあたしでまわってる


2位
 
ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲


1位
 
勇者のくせになまいきだ。


はっきりいって凄いランキングです。
1位の「勇者のくせになまいきだ。」は2が最近発売されたり、インパクトのあるタイトルなのでご存知の方も多いとは思いますが、それでもこのランキングは、ちょっと本当に掘り出し物感があふれています。2位のゴッド・オブ・ウォーはPS2などでも大ヒットしていて世界的に売れているタイトルのPSP版ですし、3位の世界はあたしでまわっているはメルマガの中で女子ブログのよつばさんが紹介していたタイトルです。4位と9位はわりと隠れた名作として有名です。5位は発売時にちょっと話題になりました。6位は音楽ソフトとして、アナログシンセソフトとしていいですね、代打(僕のこと、テクノ好き)は欲しいです。8位はコムショップのPSPコーナーで今でも人気ですよ。

濃いですね。一言でいって濃いですね。オトナファミなのにカセキホリダーかよっという突っ込みもありですが、これはけっこう評判が良いらしいですよ、すいません代打は未プレイです。一応オトナファミは30代直撃らしいんですが、代打はすごい勢いでここオトナファミに直撃されています。助けてください。

オトナファミの最新号はおもしろいこと満載です、30代でない皆様も機会があれば是非どうぞ。30代のインドア派には超絶オススメです。


posted by 代打 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

おおきく振りかぶって10巻

やっぱりどこまでいっても漫画になってしまうわけなんですが、本を読んだら書くブログ第2回も普通に漫画です。

oofuri10.jpg

おおふりはアフタヌーンで連載されている高校野球漫画なんです。気が弱くてイジイジしていて性格に難点があるもののずば抜けたコントロールを持つピッチャー三橋と、冷静でリードに優れた阿部のバッテリーからなる新設高校の物語で、まだこの段階では1年生のみとなっています。監督は若い女性監督です。

10巻ではその1年の夏の大会の地区予選3回戦になるんですが、監督がチームに出す指示がコールド勝ちなんですね。といってもタッチの柏葉監督みたいな雰囲気じゃないですよ。もっとやさしい感じですが、でもプレッシャーがあるんです。説明難しいですね。

監督がチームにコールド勝ちを指示するような試合が面白いのか?って思うでしょ。でも、そうじゃないんです。いろんな心理戦になっていて、しかもチーム内の競争なんかもからんできて、この作者は女性なんですが、すごいなあと感じました。普通は集団競技の漫画ってあんまりチーム内の競争とかにおわせないことが多いじゃないですか。特に全員1年生という設定のなかでは。それをうまく扱っている感じがしました。

とにかく「おおふり10巻」は読みどころ満載です。

せっかくなのでちょこっとコムショップにリンク貼ります。
おおふりはDVDにもなっています。

2巻が捕手の阿部で、6巻で腕組みしているのが監督のモモカンで、8巻が投手の三橋です。

おおきく振りかぶって 1巻
おおきく振りかぶって 2巻
おおきく振りかぶって 3巻
おおきく振りかぶって 4巻
おおきく振りかぶって 5巻
おおきく振りかぶって 6巻
おおきく振りかぶって 7巻
おおきく振りかぶって 8巻
おおきく振りかぶって 9巻

おおきく振りかぶって全9巻セット

posted by 代打 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ハチワンダイバー4巻

それでは、スタート。と威勢よくはじまったものの、そもそも代打はそんなに本を読まないという事実が発覚。

コムショップブログのコムタローあたりはよくライトノベルを読んだりするんですが、代打は全然そんなことはなく、この読書ブログは企画倒れに終わりそうな勢いで、これはいけないと思い代打は漫画もOKのような…という、少し邪道入りました。

というわけで漫画もOKになりました。
漫画をバンバン読んで読書ブログ書くよ〜。という気分になったわけです。

そんなわけで今日はハチワンダイバー4巻を大プッシュです。
何故に4巻というと…。

otona_fami.jpg

少し話がそれますがオトナファミとい雑誌がエンターブレインより発刊されているんですね、これがインドア系エンタメ雑誌と銘打たれているわけなんですが、インドア系って美しい響きですよね。外に出ない陽の当たらない場所で生活しているコムショップスタッフのための雑誌って感じしますよね。

で、そのオトナファミを読んでいたところ、その特集がインドア・バトル系コミック50局なんですよ。インドア・バトル系ってなんぞ?と思うでしょ。これがっ、「ヒカルの碁」(碁)とか「」(麻雀漫画)とか「カイジ」(ざわ…ざわ…ざわ…)です。

その中にありました。柴田ヨクサル氏の名前が。
エアマスターあたりが有名でしょうか。
最新作は最近ドラマ化もされたらしいハチワンダイバーです。代打はテレビとかあんまり見ないのでドラマの方はちらりとも見たことないです、すいません。とにかく勢いのある将棋の漫画です。バトル!という言葉がぴったりです。いわゆるプロではなく、お金のやり取りをする真剣師さんのお話です。コスプレのメイドさんも登場します。主人公の師匠はホームレスです。字がものすごく大きくて迫力があります。どんな漫画なのでこれではサッパリわかりませんね。

そんな作者の柴田ヨクサル氏のインタビューの中に面白いことが…。

二こ神さんと海豚七段の対局のような主人公を脇役に追いやっての対戦が書いてて面白いけど、そればっかりやってると「アンケートが…」と身も蓋もないことが書いてありました。

何を言っているんですか、ニこ神さんと海豚七段の対決はハチワンダイバーの中でも屈指の名シーンじゃないですか。むしろ、漫画史上でも「のび太VSジャイアン」、「奈良VS矢禿」、「トキVSラオウ」と互角くらいの名バトルといっても過言ではありません。

hatiwan4.jpg

特に海豚七段がニこ神さんに

あなたは魔界にでも堕ちたんですか!!!!

と叫ぶところが好きです。

そしてそれに対するニこ神さんの返答は、

「いや、あなたの言うとおりです、海豚先生」
「オレは魔界に堕ちた」
「ここがそうです」
「魔界も悪くないでしょ」

というもので、非常に楽しいです。
ここから名勝負がはじまるわけなんですが、それは是非ハチワンダイバーを読んでほしいと思います。

代打でした。
posted by 代打 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

はじまりの言葉

コムショップ通販の店員、代打と申します。

こちらは代打の読んだ本をメモ代わりに記録していくだけのブログです。本家はコムショップ店員日記(海賊盤)となりますのでそちらをメインでご覧ください。

それでは、スタート。
posted by 代打 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。