2010年09月20日

読書メモの定型文を作り直しました(その2)

みなさん、こんにちは代打です。

読書メモの定形を作りました!と勢いよく言ってみたものの、
あんまり勢いよくスタートしていないこのブログなので、
再度読書メモの定形を作り直しました。

今年も残り僅かですが、ぜひ年内に100冊読みたいものですね。

それでは読書メモの定形↓

1. この本を手にとった理由
(読む前にこの本をなぜ読みたいと思ったか、何が書かれいると想像したのか、など。)
2. 実際の本のアバウトな内容
3. 読んだ感想、どのように感じたか。
4. まとめ。

ずいぶん、ざっくりしていますが、これで行きたいと思っています。

それでは、よろしくお願いします。
posted by 代打 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163215590

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。