2010年09月20日

芥川龍之介/芋粥

本を読んだら書くブログ2010年2冊目は芥川龍之介の芋粥です。ご存知の方はわかると思うんですが、これで一冊というにはあまりにも、の短編です。でも申し訳ないんですが、しばらくは短編で刷数稼ぎをさせてくださいな。これもi文庫(青空文庫が読めるiPhoneのアプリ)で読んでいます。

1. この本を手にとった理由

芋粥そのものは高校生の時に教科書的に読んだ記憶があるんですが、今再び読むとどんな気分なんだろう?という少し温故知新的な気分からです。再び新しい発見はあるのでしょうか?

2. 実際の本のアバウトな内容

主人公は下級役人(五位)で芋粥を食べることだけが楽しみだったんですが、一度この芋粥を飽きるまで食べたいと漏らしたところ豪族の藤原利仁にその話を聞かれ、敦賀の舘へ連れられ、この館で芋粥を振舞われるものの…。

3. 読んだ感想、どのように感じたか。

実は昔読んだ内容と異なっていました。記憶違いなのか、なんなのか理由はよくわかりません。昔の記憶では、主人公の五位はたくさんの芋粥を見るとそれだけでお腹がいっぱいになってしまいました的な解釈だったんですが、実際に読んでみると、五位はそうとうにつまらない男として描かれ、芋粥を食うことだけが楽しみとして書かれているんですね。で、その芋粥をここで飽きるまで食べてしまうと残りの人生に何の楽しみを見つけたらよいのかわからない、という風に悩むんです。で、芋粥を飽きるまで食べずにすむという段取りになって安堵するといった内容です。え、全然違うじゃないですか。

4. まとめ。

かつて高校生の頃に読んだ内容と話が異なっていたので少し驚きでした。高校生の記憶ってなんだったんでしょうね。

【関連する記事】
posted by 代打 at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お風呂で洗いっこ楽すぅぃぃぃぃ!!ヽ(*´ー`*)ノ
若い女の子にあんな体中さわられたの初めてだぜぇぇぇ!!

もー我慢できなくてベッドに戻るまでに3回もヤっちまった!!
これやってたら風 俗とか行く気なくなるわ(笑)
http://SNAPKNAP.com/yes/3d-15w3/
Posted by 俺の胸毛に惚れちまったか?笑 at 2010年09月26日 12:42

なんか最近ザ 〜 メ ン飲むの流行ってるみたいだなwww

昨日も3発出したけど、残らず全部飲まれちまったし!!

オナ二一するならこっちで稼いだ方が正解だぜ♪(* ̄ー ̄)v

http://iNo.bEnTmEn.net/bmrhya-/
Posted by ゴクゴク飲みすぎw at 2010年10月20日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。