2008年06月09日

ハチワンダイバー4巻

それでは、スタート。と威勢よくはじまったものの、そもそも代打はそんなに本を読まないという事実が発覚。

コムショップブログのコムタローあたりはよくライトノベルを読んだりするんですが、代打は全然そんなことはなく、この読書ブログは企画倒れに終わりそうな勢いで、これはいけないと思い代打は漫画もOKのような…という、少し邪道入りました。

というわけで漫画もOKになりました。
漫画をバンバン読んで読書ブログ書くよ〜。という気分になったわけです。

そんなわけで今日はハチワンダイバー4巻を大プッシュです。
何故に4巻というと…。

otona_fami.jpg

少し話がそれますがオトナファミとい雑誌がエンターブレインより発刊されているんですね、これがインドア系エンタメ雑誌と銘打たれているわけなんですが、インドア系って美しい響きですよね。外に出ない陽の当たらない場所で生活しているコムショップスタッフのための雑誌って感じしますよね。

で、そのオトナファミを読んでいたところ、その特集がインドア・バトル系コミック50局なんですよ。インドア・バトル系ってなんぞ?と思うでしょ。これがっ、「ヒカルの碁」(碁)とか「」(麻雀漫画)とか「カイジ」(ざわ…ざわ…ざわ…)です。

その中にありました。柴田ヨクサル氏の名前が。
エアマスターあたりが有名でしょうか。
最新作は最近ドラマ化もされたらしいハチワンダイバーです。代打はテレビとかあんまり見ないのでドラマの方はちらりとも見たことないです、すいません。とにかく勢いのある将棋の漫画です。バトル!という言葉がぴったりです。いわゆるプロではなく、お金のやり取りをする真剣師さんのお話です。コスプレのメイドさんも登場します。主人公の師匠はホームレスです。字がものすごく大きくて迫力があります。どんな漫画なのでこれではサッパリわかりませんね。

そんな作者の柴田ヨクサル氏のインタビューの中に面白いことが…。

二こ神さんと海豚七段の対局のような主人公を脇役に追いやっての対戦が書いてて面白いけど、そればっかりやってると「アンケートが…」と身も蓋もないことが書いてありました。

何を言っているんですか、ニこ神さんと海豚七段の対決はハチワンダイバーの中でも屈指の名シーンじゃないですか。むしろ、漫画史上でも「のび太VSジャイアン」、「奈良VS矢禿」、「トキVSラオウ」と互角くらいの名バトルといっても過言ではありません。

hatiwan4.jpg

特に海豚七段がニこ神さんに

あなたは魔界にでも堕ちたんですか!!!!

と叫ぶところが好きです。

そしてそれに対するニこ神さんの返答は、

「いや、あなたの言うとおりです、海豚先生」
「オレは魔界に堕ちた」
「ここがそうです」
「魔界も悪くないでしょ」

というもので、非常に楽しいです。
ここから名勝負がはじまるわけなんですが、それは是非ハチワンダイバーを読んでほしいと思います。

代打でした。
【関連する記事】
posted by 代打 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。